カンスゲ

カンスゲ(カヤツリグサ科)[寒菅]

葉が冬も枯れずに緑色であることからこの名がある。
山地の谷沿いの林内に生える多年草。根茎は短く、密に叢生して大株となる。匐枝は出さない。
葉は常緑で多数が根生し、幅0.5-1.5cmの線形で先は鋭くとがり、濃緑色でやや光沢があり、厚くてきわめて硬く、上面に多数の等しい細脈があり、縁は逆刺があってざらつく。基部の鞘は光沢のない黒紫色。
有花茎は腋生し、高さ20-40cmになる。頂小穂は雄性で長さ2-4cmで赤褐色を帯び、多数の葯が伸びて花粉を散らす。側小穂は雌性で3-5個、長さ1.5-3.5cm、幅約6mmの短い円柱形で直立し、密に果胞をつけ、下方の苞は長い鞘と短い葉身とがある。雌鱗片は長さ4mmの卵形で果胞とほぼ同長で褐色を帯び、先は鋭くとがる。
果胞は長さ3-3.5mmの広卵形で無毛、淡黄緑色で脈があり、急にやや長い嘴になり口部は鋭い2歯となる。熟すと開出する。痩果は3稜があり、長さ約2mmで頂部は直立した嘴となる。柱頭は3個。
屋久島に生えるヤクシマカンスゲは、葉は幅3-8mmで小穂の果胞はややまばらにつく。ミヤマカンスゲは葉はやや軟らかく、縁は滑らかであまりざらつかない。雌花穂は幅約2mmと細い。東北地方に多いオクノカンスゲは、匐枝を出し、葉の断面はM字形。ヒメカンスゲは葉は幅2-6mmで光沢がなく、果胞に短毛がある。
果期:4-5月
分布:本(宮城県以南の主に太平洋側)・四・九
撮影:2019.3.20 東京都八王子市
カンスゲの花
雄性の頂小穂と雌性の側小穂。 2019.3.20 東京都八王子市

ヒメカンスゲに戻る オクノカンスゲに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。