カントウヨメナ

カントウヨメナ(キク科)[関東嫁菜]

名は、中部地方より西に生えるヨメナに似て主に関東地方に生えることからついたもの。分布について「東北地方南部以西」としている図鑑もあるが、青森県でも希少ながら自生している。北海道南部に生えているものは自生かどうか疑わしい。
水田のあぜや耕地周辺などやや湿ったところに普通に生え、高さ0.5-1mになる多年草。地下茎を伸ばして殖える。茎にまばらに毛がある。
葉は互生し、長さ8-10cm、幅3cmの披針形~卵状長楕円形で縁に少数の深い鋸歯がある。質はやや薄く、ノコンギクのようなざらつきはない。
小枝の先に1個の頭花をつける。頭花は直径2.5-3cmで淡紫色の舌状花と黄色の筒状花からなる。まれに舌状花が白色のものがある。舌状花は雌性、筒状花は両性。
痩果は長さ2.5mmの扁平な長楕円形で、冠毛は長さ0.25mmと極めて短く、肉眼ではほぼ確認できずルーペを通してわかる程度。
ヨメナは葉がカントウヨメナより厚く、光沢がある。頭花は直径3cmほどでカントウヨメナよりやや大きい。冠毛は長さ0.5mm。
九州南部以南に生えるコヨメナは全体に小型。頭花は直径2-2.5cm。冠毛は0.25mm。
ユウガギクは枝がよく分岐して横に張り出す。舌状花は白色のものが多い。冠毛は0.25mm。
ノコンギクは頭花が散房状につき、葉の両面に短毛があってざらつく。頭花は直径約2.5cm。冠毛は痩果より長い。
花期:7-11月
分布:本(静岡県以北)
撮影:2017.10.5 神奈川県藤沢市
カントウヨメナ-2
花の色が白色に近いものもある。

カントウヨメナの花
1列の舌状花と多数の筒状花からなる。

カントウヨメナの総苞
総苞。

カントウヨメナの葉
葉は質が薄く、鋸歯は少なく粗く深い。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。