カラフトホソバハコベ

カラフトホソバハコベ(ナデシコ科)[樺太細葉繁縷]

道端や河川敷などに生えるヨーロッパ原産の多年草で、よく分枝して高さ50cmほどになる。北日本に広がっていると思われる。茎は4稜があり、葉は広線形で対生する。花は直径1cm、白色の5弁花で、深く切れ込んでいるので10弁に見える。萼片には3脈がある。よく似た在来のナガバツメクサは萼片がとがらない。
花期:6-8月
分布:帰化植物
撮影:2004.7.3 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。