カスマグサ

カスマグサ(マメ科)[かす間草]

名は、ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)とスズメノエンドウの中間的な形であることから1字ずつを取ってつけたもの。
道端や乾いた草地に生え、茎は無毛で、長さ1mほどのつる状に伸びる2年草。
葉は偶数羽状複葉で、小葉は3-6対あり、長さ1.2-1.7cm、幅2-4mmの線状長楕円形でほぼ無柄、巻きひげは通常分岐せずに他物に巻きつく。托葉は狭卵形~線形で小さく、蜜腺はない。
葉腋から出た短い総状花序に1-3個(普通は2個)の蝶形花をつける。花は淡青紫色で長さ5-7mm、旗弁にはっきりとした紫色の模様が入る。萼裂片は5個、不同長で萼筒より短い。雄しべは2個。
果実は楕円形で無毛の豆果で、長さ1-2cm、幅3-4mm。3-6個(普通は4個)の種子を入れる。種子は黒色、ほぼ球形で直径約2mm。
スズメノエンドウも同じようなところに生えるが、花は白色で3-7個固まってつく。巻きひげは分岐する。豆果は短毛で被われ、中に2個の種子を入れる。
花期:4-5月
分布:本・四・九・沖
撮影:2015.4.24 横浜市戸塚区
カスマグサの花

スズメノエンドウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。