カワラヨモギ

カワラヨモギ(キク科)[河原蓬]

河原や海岸の砂地に生え、高さ0.3-1mになる多年草。茎の下部は木質化し、花のつかない茎の葉はロゼット状で細かく裂け、両面に灰白色の絹毛が密生するので白っぽく見える。写真は5月のもので全体が白く輝き、遠くからも目立つ。
花期:9-10月
分布:本・四・九・沖
撮影:1998.5.31 青森県八戸市

ハマウツボに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。