ケキツネノボタン

ケキツネノボタン(キンポウゲ科)[毛狐の牡丹]

田のあぜや小川の縁などの湿ったところに生える代表的な水田雑草で、高さ25-50cmになる1~2年草。茎は中空で全体に白い開出毛が多い。
葉は1-2回3出複葉で、小葉はさらに3裂し、鋭い鋸歯がある。
花は直径1cmほどの5弁花で、花後に金平糖のような集合果をつける。痩果の先はあまり曲がらない。
よく似たキツネノボタンは、茎は普通無毛で、葉は切れ込みが浅く、痩果の先はかぎ形に曲がるのが特徴とされてきたが、最近はどうもそのような基準では区別できないことが一部で認知されるようになってきた。
花期:3-7月
分布:本・四・九・沖
撮影:2003.5.5 埼玉県吉見町

トゲミノキツネノボタンに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。