ケチヂミザサ

ケチヂミザサ(イネ科)[毛縮笹]

広義のチヂミザサのうち、葉や葉鞘、花序の軸に毛の多いものをいう。林内やその道端に普通に見られ、秋に芒から粘液を出してひっつき虫となって種子散布する。
ほとんど毛のないものをコチヂミザサという
花期:8-10月
分布:日本全土
撮影:1999.9.12 青森県階上町

コチヂミザサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。