キバナノアマナ

キバナノアマナ(ユリ科)[黄花の甘菜]

キバナアマナともいう。名の由来は、アマナに似て黄色い花をつけることから。
雪が解けるのを待ちかねたように花茎を伸ばし、柔らかな日の光を精一杯受け止めるかのように上向きに花を開く。雪国に春を告げる花の一つで、肥沃で日当たりのよい山野や林下に生え、高さ10-20cmになる多年草。日が当たると花を開く。
地下にある鱗茎は長さ1-1.5cmの卵形で帯黄色の外皮に包まれる。
葉は白緑色、長さ15-30cm、幅5-9mmの広線形でやや厚く、根元に1個つく。
茎の先の2個の苞葉の間から3-10個の長さが不揃いの花柄を出し、直径1.5-2.5cmの鮮黄色の花を散形状に咲かせる。花序の下の苞葉は長さ3-8cmの披針形。花被片は6個、長さ1.2-1.5cmの長楕円形で鈍頭、裏側は緑色を帯びる。花は開花直後は黄緑色を帯び、やがて鮮やかな黄色に変わる。雄しべは6個で花被片より短く、葯は黄色。
果実は直径7mmの球形の蒴果で3稜がある。
カタクリなどと同じように、夏には地上部が枯れて地下の鱗茎のみになる。北海道ではしばしば群生し、山菜としても利用されるが、最近は乱獲による個体数の減少が著しいという。
よく似ていて全体に小さく繊細で、葉が粉白色を帯びず基部は茎を抱くものをエゾヒメアマナという。ヒメアマナは花がさらに小さく、葉の表面がへこみ茎を抱かない。
花期:3-5月
分布:北・本(中部以北)・四
撮影:2003.4.12 青森県平内町
キバナノアマナ-2
2014.4.13 青森市

キバナノアマナ-3
花被片も雄しべも6個。 2014.4.13 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。