キブシ

キブシ(キブシ科)[木五倍子]

まだ風冷たい早春、芽吹き前の雑木林を歩いていると、葉の出ていない枯れ木のような枝先に、かんざしの下がりを思わせる花穂を垂らしている木と出会う。それがキブシで、マルバマンサクとともにみちのくにもいち早く春を告げてくれる。

湿り気がある明るい林縁や山地の道端などに生え、よく分枝して高さ2-5mになる雌雄異株の落葉低木~小高木。樹皮は赤褐色~暗褐色。枝に稜があり、表面は無毛でやや光沢があり、裏面は淡緑色で脈上に毛がある。
葉は互生し、長さ6-12cm、幅3-6cmの楕円状卵形~長楕円形で縁に鋭い鋸歯があり先は尾状に長く伸びてとがり、基部は円形~浅い心形。葉柄は長さ1-4cm。
葉の展開前に、前年枝の葉腋から長さ4-10cmの総状花序をつり下げ、多数の花をつける。雄花序は長く、雌花序は短い。花は長さ6-9mmの鐘形。雌花は雄花よりやや小さい。花弁は4個、萼片は暗褐色で4個あり、うち内側の2個が大きく花弁状。雄花は淡黄色、雄しべは8個で花弁より短く、雌しべは雄しべより短い。雌花は淡黄緑色で雄しべが退化して短く、雌しべが花外に少し突き出る。
果実は7-10月に熟し、径0.7-1.2cmの球形~広楕円形で黄褐色の乾いた液果。種子は長さ約2mmで多数。
果実には多量のタンニンが含まれ、ヌルデの虫こぶから作る五倍子〈ゴバイシ=フシ〉の代用として黒色の染料に使用された。お歯黒の原料としても使われたという。髄は太く、灯心ととして利用された。黄色い花を藤のように垂らすのでキフジ〈黄藤〉ともよばれるが、名は木五倍子の意味でついたもの。
葉の裏面の葉脈に白毛が密に生える品種をケキブシといい、日本海側の多雪地に分布する。
沿海の山地に生え、花序が長く、花がやや大きいものをハチジョウキブシという。
花期:3-4月
分布:北(西南部)・本・四・九
撮影:2009.5.10 秋田県湯沢市
キブシ-2
2017.3.23 神奈川県横須賀市

キブシ-3
キブシの若い果実。 2017.6.6 神奈川県三浦市


ハチジョウキブシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。