キハギ

キハギ(マメ科)[木萩]

ハギの仲間は木なのか草なのかよくわからないものが多いが、はっきり木質化するのでこの名がある。
日当たりのよい乾いた山野の林縁や岩場などに生え、高さ1-3mになる落葉低木。枝に伏毛が密生する。冬も地上部は枯れず、木質化する。
葉は枝に平面的に並んでつき、長さ4-10cmの3出複葉でやや厚く、頂小葉は長さ3-6cm、側小葉は長さ2-4cmの長卵形~長楕円形で全縁、縁はやや波打ち、先は鋭頭または鈍頭で先端は針状。表面は濃緑色で無毛、裏面は淡緑色で伏毛がある。托葉は細くて長い。
葉腋から総状花序を出し、長さ1cmほどの蝶形花が下から咲き上がる。萼は4裂し、萼片は卵形で先はとがる。花は淡黄白色で旗弁の中央部と翼弁が紫紅色を帯びるのが特徴で、他に似たものがないので見分けやすい。
果実は長さ1-2cmの扁平な長楕円形の豆果で、先は急にとがりまばらに伏毛がある。豆果は裂開しない。中の種子は1個。
花期:6-9月
分布:本・四・九
撮影:2004.7.18 静岡市葵区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。