キジカクシ

キジカクシ(キジカクシ科)[雉隠し]

名は、キジが隠れることができるほど葉が茂ることからついたもの。APG体系でキジカクシ科を代表する植物であるが、キジカクシ科はクサスギカズラ科ともいい、今後どちらの科名がメインで使われるようになるのかよく分からない。
丘陵地~山地の草原や林縁に生える雌雄異株の多年草で、茎は直立し上方でよく分枝して高さ0.5-1mになる。若枝は稜があり、稜上にしばしば刺状の小突起がある。
葉は鱗片状に退化して茎に密着し、長さ約1mmの広卵形で膜質。葉腋から出る長さ1-2cmの線形で扁平な小枝(葉状枝、偽葉という)が3-7個束生し、ゆるく枝の上方に湾曲する。
花は葉状枝の腋に2-4個総状に束生し、長さ2-3mmの広鐘形。花被片は6個で平開せず、緑色で縁は白色。花柄は長さ1-2mmで頂部に関節がある。雄しべは6個、葯は心形で花糸よりはるかに短い。子房は上位で3室、柱頭は3個。
果実は直径6-8mmの球形の液果で赤熟する。
新芽は野菜のアスパラガス(オランダキジカクシ)と同様に山菜として食用にされる。アスパラガスもしばしば野生化しており、葉状枝は5-8個が束生し、花柄は長く1cmほどある。
よく似たクサスギカズラは花被片が平開し、液果は汚白色に熟す。
分布:北・本・四・九
撮影:2018.5.22 東京都八王子市
キジカクシ-2
葉は退化し、数個の葉状枝が出る。 2018.5.22 東京都八王子市

キジカクシ-3
花柄は短く、長さ1-2mm。 2018.5.22 東京都八王子市

キジカクシの雄花
雄花。雄しべは6個、葯は短い。 2018.5.1 神奈川県藤沢市

キジカクシの雌花
雌花。柱頭は3個。 2018.5.22 東京都八王子市

クサスギカズラに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。