キジムシロ

キジムシロ(バラ科)[雉蓆、雉莚]

円く広がった株をキジが座るむしろにたとえてこの名がある。
山野に普通に生える多年草で、この仲間では一番多く見られる。ときに亜高山帯でも見ることがある。よく似たものにミツバツチグリオヘビイチゴなどがあるが、キジムシロは葉が奇数羽状複葉で5-9個の小葉を持ち、頂小葉が特に大きい。ミツバツチグリは3小葉が長い柄についている。オヘビイチゴは5小葉で上部の葉は3小葉。
主に本州の新潟県以北に生えるエチゴキジムシロは、全体に毛が多く、葉は普通5小葉でときに3小葉となる。
花期:3-7月
分布:日本全土
撮影:2008.4.20 秋田県八峰町
キジムシロ-2

ミツバツチグリに戻る エチゴキジムシロに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。