キカラスウリ

キカラスウリ(ウリ科)[黄烏瓜]

赤い実のカラスウリに対して、黄色の実をつけるのでこの名がある。
人家周辺の林縁ややぶなどに多いつる性で雌雄異株の多年草で、茎の節から先が2-5本の分かれた巻きひげを出して他の草木に絡みつきながら伸びていく。
葉は互生し、長さ幅とも10cmほどの広心形で、3-7浅裂して先がとがる。表面にまばらな毛があるがのちに無毛、カラスウリより質は薄く、緑色でやや光沢がある。
夕方に直径10cmほどの白い花を開き始め、翌日の朝遅くまで咲いている。雌花は単生し、雄花は総状に数個つく。花冠は5裂し、裂片は倒卵形で縁は糸状に裂けるがカラスウリより糸状体は短い。
秋には球形~楕円形で長さ7-10cmの黄色い実をぶら下げる。種子は黒褐色で扁平な楕円形で、隆起した帯はない。
塊根は紡錘形で、そのでんぷんを天瓜粉(てんかふん)といって子供のあせもに外用する。漢方で、干した根は括楼根(かろうこん)、干した種子は括楼仁(かろうにん)という。
よく似て赤い実をつけるカラスウリは、花冠の裂片が細くはっきりとした星形で、そこから長く糸状に分裂し、夜明け前にしぼんでしまう。果実はひと回り小さく朱赤色に熟す。
花期:7-9月
分布:北(奥尻島)・本・四・九・沖
撮影:2002.7.29 青森県八戸市

カラスウリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。