キッコウハグマ

キッコウハグマ(キク科)[亀甲白熊]

名は、花を仏具の払子などに使う白熊(はぐま)にたとえ、葉の形をカメの甲羅に見立てたもの。白熊とはヤクの尾の毛のこと。
山地のやや乾燥した林内に生え、茎は直立し高さ10-30cmになる常緑の多年草。
葉は小型で下部に5-11個が集まり長い柄がある。葉身は長さ幅とも1-3cmの5角形の亀甲状で基部は心形、表面に長毛がまばらに生える。葉の形はほぼ円形のものやハート形のものなど変化が多い。
頭花は3個の筒状花からなり、花冠は白色で長さ9mmほど、先はそれぞれが5深裂するので15個の花弁と3個の雌しべを持つ一つの花に見える。雌しべは1個で柱頭の先は2裂して反り返る。総苞は長さ1-1.5cmで総苞片は長さ1mmほどと小さい。通常は開花せず閉鎖花となることが多い。
果実は長さ4.5mmほどの痩果で密に毛がある。
屋久島には、葉が深く切れ込み頂裂片が長いリュウキュウハグマが分布する。
花期:9-11月
分布:北・本・四・九
撮影:2016.11.18 神奈川県横須賀市
キッコウハグマの頭花
1個の頭花は3個の筒状花からなり、それぞれの花冠が5深裂するので15個の花弁を持った1つの花に見える。

オクモミジハグマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。