キクガラクサ

キクガラクサ(オオバコ科)[菊唐草]

名は葉がキクの葉に似て、また唐草模様を思わせることによる。
やや湿った林縁に生える多年草で、地下茎を伸ばし節ごとに根と1個の葉をつけ高さ5-10cmになる。
以前は絶滅危惧Ⅱ類(VU)だったが、いつのまにか準絶滅危惧(NT)にダウンリストされたようだ。
葉は長さ2.5-6cm,幅2-5cm広卵形で羽状に深裂する。裂片の先は円い。
葉腋から細長い花柄を出し、白色で直径0.7-1cmの花を1個つける。花冠は鐘形で先は5深裂して平開する。雄しべは4個。
果実は直径4-5mmの球形の蒴果で、果柄がらせん状にねじれて果実が地中に入る。
本来は主に近畿以西に生えるものであるが、写真のものは、なぜ遠く離れた青森県の一地点に野生状態で生育しているのかよくわからない。栽培由来とも考えられるが、このような地味な花をわざわざ取り寄せて栽培していた人がかつていたとは考えにくい。ともあれ北国の暗い杉林の下で小群落をつくり、減りも増えもせず毎年花を咲かせている。
花期:5-6月
分布:本(長野、近畿・中国)・四
撮影:2005.7.2 青森県八戸市
キクガラクサ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。