キクノハアオイ

キクノハアオイ(アオイ科)[菊の葉葵]

葉の裂け方がキクの葉を思わせることからこの名がある。
北~熱帯アメリカ原産の1年生の帰化植物で、茎は長さ70cmほどになりよく分枝して地をはって横に広がり、上部で斜上して高さ15-30cmになる。
大正時代初期に横浜市の競馬用厩舎で採集され、以後関東以西の空き地や道端で散発的に発生している。発生に永続性はないといわれている。全体に粗い毛がまばらにある。
葉は長さ3-8cmの柄があって互生し、長さ3-7cm、幅3-4cm広卵形で掌状に5-7中裂し、両面に毛がある。裂片に重鋸歯があってキクの葉に似ている。根生葉は切れ込みが浅い。
葉腋から短い花柄を出し、直径0.7-1.3cmの朱赤色の花を1個つける。小苞は線形で3個。萼は5裂し、裂片は卵形で先がとがり、小苞とともに毛がある。花弁は長さ0.5-1cmの卵円形で5個。花柱は15-25個。雄しべは20個ほどあり基部で筒状に合着して花柱をを囲む。花柄は長さ0.5-1.5cm。
果実は15-25個の勾玉状の分果が輪状に並び、分果は長さ7-9mmの乾果で背面に剛毛があり、先端に2個の突起がある。分果は種子を2個含む。種子は赤褐色で直径1.5mmほどの扁平な腎形。
花期:5-9月
分布:帰化植物
撮影:2009.5.2 東京都文京区
キクノハアオイ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。