キクザキリュウキンカ

キクザキリュウキンカ(キンポウゲ科科)[菊咲立金花]

ヨーロッパ原産の帰化植物で、1997年に山形県鶴岡市で逸出帰化が確認された多年草。
変異が多く、特に園芸種では斑入り葉や八重咲き、白花などいろいろなタイプのものが見られるようだ。
名はリュウキンカに似て、花弁が多いことからついたものか。別名ヒメリュウキンカといい、従来は別名のほうでよばれることが多かったが、野生化して広がっているのは葉や花が大きいタイプが主で、「ヒメ」をつけてよぶことに少し抵抗がある。
根茎は紡錘形で肥大し、地下に走出枝を伸ばす。茎は太く、高さ10-30cmになる。
茎の節から長い葉柄を出して、深緑色で円心形の葉をつける。葉身は長さ4-6cm、幅6-7cm、ほぼ全縁で基部は心形。園芸種は普通は小型で長さ2-2.5cm、幅2.5-3.5cmで一目で別種と感じるほど大きさが違う。
花は鮮やかな黄色で、直径4-5cm。花弁は光沢があって8-9個が並び、萼片は黄色で3個。園芸種に多い小型のタイプは直径2.5cm程度。雄しべ、雌しべは多数。花はしだいに脱色しして黄白色に変化する。
果実は痩果が集まった集合果。果後に地上部は溶けるように姿を消し、地下の根茎だけで休眠状態に入り、秋の萌芽を待つ。
リュウキンカは別属で低山帯~亜高山帯の沼地や湿地に生え、花弁はなく花弁状の萼片が普通5個ある。
花期:3-4月
分布:帰化植物
撮影:2017.4.4 横浜市戸塚区
キクザキリュウキンカ


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。