キクザキイチゲ 白

キクザキイチゲ(キンポウゲ科)[菊咲一華]

名は、花がキクに似ていて1個だけ花をつけることによる。別名キクザキイチリンソウという。
雪解け後の春の林床でいち早く芽吹く多年草で、可憐な花を咲かせ、はかなく散って地上から姿を消す。カタクリアズマイチゲとともにスプリング・エフェメラル(春のはかない命)の代表。
山地の落葉樹林下に生え、高さ10-20cmになる多年草。根茎は長さ2-10cmで横にはう。
根生葉は長い柄があり2回3出複葉。茎につく苞葉は短い柄があり3個輪生、3出複葉で小葉は3-5深裂、縁に鋸歯がある。苞葉の柄の基部は広がって翼となる。
茎頂に直径3-4cmの花を1個つける。花柄は有毛。花弁状の萼片は線状長楕円形で8-13個あり、色は普通白色と青紫色だが白色のものが多い。花弁はなく、雄しべ・雌しべとも多数ある。葯は白色。花は日が差すと開き、陰ると閉じる。
果実は卵形の痩果で白毛が密生し多数が集合する。
花の色は多彩で、白から紫まで同じ場所でもさまざまな色にめかし込んで咲き乱れる。まれに下の写真のようにクリーム色のものも見つかる。
日本海側に咲くオオミスミソウは、花色の変化が多く、収集するマニアがいると聞くが、これを見るとその気持ちも少しわかるような気もする。しかし、やはり野草は野で見るのが一番美しい。
よく似たアズマイチゲは、小葉が浅く切れ込むのみで円く、少し垂れ下がる。
花期:3-5月
分布:北・本(近畿以北)
撮影:2009.4.12 岩手県久慈市
キクザキイチゲ 濃い青
青みの特に強いもの 2002.4.14 青森市

キクザキイチゲ黄花
黄白色のもの 2006.4.15 岩手県久慈市

キクザキイチゲの群生
一面に咲くキクザキイチゲ。北日本ではアズマイチゲよりもはるかに多い。
2010.5.15 岩手県二戸市

アズマイチゲに戻る ヤマエンゴサクに戻る ヒメイチゲに戻る

イチリンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。