キキョウ

キキョウ(キキョウ科)[桔梗]

ご存じ、秋に七草の一つであるキキョウ(万葉集で山上憶良が詠んだ秋の七草では朝貌[あさがお]とよばれている)であるが、名前は誰も知らない人がいないほどなのに、野で咲いているのを見たことがあるのはほんの一握りの人だろう。それほど珍しいものになってしまった。キキョウが好む環境は、日当たりのよいやや乾いた草原。ススキの生えるような茅原が少なくなってしまったということか。子供のころは野で見たことはなかったが、庭で栽培していて風船のように膨らんだ蕾を指で潰し、「ポン」と鳴らしてたわいもなく遊んだ思い出がある。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
名は、漢名の桔梗を音読みしたもの。
山野の乾いたススキ草原に点々と生える多年草で、茎は円柱形で直立し、ときに上方で分枝して高さ0.4-1mになる。根茎は黄白色で太く、地中深く伸びる。茎や葉、根茎を切ると白い乳液が出る。
葉は無柄またはごく短い柄があって互生し、長さ4-7cm、幅1.5-5cmの長卵形~広卵形で先はとがり、縁に鋭い鋸歯がある。表面は無毛で裏面は短毛があってやや青味がかった緑白色。
キキョウは季語としては秋であるが、開花は真夏が盛り。茎頂近くに上向きに1-数個の蕾がつき、やや横向きに開花する。花冠は直径4-5cmの鐘形で青紫色(まれに白色)、先が深く5裂し、裂片は広く開く。雄しべは5個で花冠裂片と互生する。
開花後まもなく雌しべを取り囲んでいる5個の雄しべが熟して花粉を放出し、花粉を出し終わると雄しべが倒れる。そして雌しべが伸びだし、柱頭が5裂して開き、他の花の花粉を受ける。これは自家受粉を避ける巧妙な仕組みで雄しべ先熟という。
果実は倒卵形の蒴果で多数の種子を含み、胞背裂開する。種子は長さ0.5mmの広楕円形、黄褐色で微細な突起がある。
根茎を乾燥したものは漢方で桔梗根、晒桔梗とよばれ、鎮咳去痰などに使用される。
花期:7-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.8.1 岩手県北部
キキョウ2
普通は花冠は5裂のものがどういうわけか10裂花になったもの。

ススキに戻る タニギキョウに戻る サワギキョウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。