キンバイソウ

キンバイソウ(キンポウゲ科)[金梅草]

名は、花が黄色で形がウメに似ていることからついたもの。金の盃に見立てたとの説もある。
深山の草地や林縁などに生える日本特産の多年草で、茎は無毛で直立し、上部で少し分枝して高さ40-80cmになる。
葉は互生し、根生葉と下部の茎葉は長い柄があり、円心形で掌状に3-5深裂する。裂片は菱状倒卵形で2-3中~浅裂し、縁に不揃いの鋭鋸歯がある。両面無毛で、表面に光沢がある。上部の茎葉は短柄~無柄で小さい。
茎の上部の枝先に直径3-4cmの黄色の花を3-5個上向きにつける。萼片は橙黄色で普通5個ときに6-7個あり、花弁状で長さ2-2.5cmの卵形で平開する。花弁は濃橙色、長さ1.2-2cmの線形で8-18個あり、先はしだいに細くなる。雄しべは多数あり、花弁より短い。花糸は長さ7-8mm、葯は3-5mm。
果実は13-26個、長さ1-1.2cmの袋果で、長さ2.5-4mmの花柱が残る。
シナノキンバイは、キンバイソウより高山の草地に生え、花は直径4-4.5cmで雄しべは花弁より長い。
花期:7-8月
分布:本(中部地方・滋賀県伊吹山)
撮影:2014.7.28 滋賀県米原市
キンバイソウ-2
卵形で花弁に見えるのは萼片。花弁は線形で雄しべより長い。

シナノキンバイに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。