キツネノボタン

キツネノボタン(キンポウゲ科)[狐野牡丹]

葉の形がボタンの葉に似ていて野に生えることからこの名がある。
田のあぜや流れの縁に生え高さ30-60cmになる多年草。茎はほぼ無毛または有毛で上部でよく分枝する。
葉は互生し、1回3出複葉。根生葉には基部が茎を抱く長い柄があり、茎葉には短い柄がある。小葉はさらに2-3裂するがあまり深く切れ込まない傾向がある。両面に伏毛がある。
花は直径約1cm、萼片は5個、長さ3-4mmで外面に粗い毛がまばらに生え、花時に反曲する。花弁は黄色で5個、倒卵形で光沢があり萼片より長い。
果実は痩果が球形に集まった集合果で直径約1cm。痩果は長さ3.5-4mm、花柱は細く伸びて多少とも先が曲がる。完熟した痩果の横断面は片側のみに鈍3稜があり、もう一方は1鈍稜があるかまたは両端とも1鈍稜。扁平面は一方の縁沿いのみに弧状の稜があるかまたは稜が不明瞭。ケキツネノボタンは完熟した痩果の横断面の両端に鈍3稜があり、両端とも厚みがある。扁平面の縁に沿ってリング状に鈍稜がある。
ケキツネノボタンとの見分け方として、従来は茎や葉の毛量や形、花柱の曲がり方などを基準として区別してきたが、これらの形質の変化は連続的で区別できないといわれる。痩果の断面の形状を確認すれば明瞭に区別できる。
ラヌンクリンを含む有毒植物で、空気中でプロトアネモニンに変化する。皮膚に汁がついたり口にしたりすれば痛みが出て水ぶくれになり、胃腸がただれて血便、血尿が出る。よく葉の似たセリと混生しているので花のない時期は注意が必要。
花期:3-7月
分布:日本全土
撮影:2009.5.1 東京都杉並区

ケキツネノボタンに戻る トゲミノキツネノボタンに戻る ツルキツネノボタンに戻る セリに戻る

ヤマキツネノボタンに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。