キツネアザミ

キツネアザミ(キク科)[狐薊]

花がアザミに似ていて、アザミだと思って近づくと刺がなく、狐に化かされたように感じるのでこの名がついたものだろうか。
有史以前に渡来した史前帰化植物で、田のあぜや畑に多く生えるが、道端などにも出現する。茎は直立して高さ0.6-1mになる2年草で、茎に縦筋がある。1属1種。(キツネアザミ属)
秋に芽生えてロゼットで越冬する。茎葉は互生し、長楕円形で羽状に深裂し、裂片の隙間は広く、頂裂片は3角状で大きい。刺はなく軟らかい。葉の裏には白いクモ毛が密生する。
茎の上部で枝を分け、直径2-3cmの淡紅紫色の頭花を上向きにつける。総苞は直径1.5-2cmの球形で総苞片は8列に並び、外片の背部に紅紫色でとさか状の突起がある。花冠は細く、長さ1.3-1.4cm、狭筒部は残りの部分より5倍長い。花は全て筒状花からなる。
果実は長さ2.5mmの長楕円形で無毛の痩果で15本の稜がある。冠毛は2列で、外側は短く花後にも残り、内側は長さ1cmの羽毛状で基部は環状に合生して落ちやすい。
若葉は食用になり、ヨモギの代用として餅に混ぜて食べる。
北海道と東北に生えるエゾノキツネアザミは、別属(アレチアザミ属)で花の色が濃く、葉は切れ込まない。
花期:5-6月
分布:本・四・九・沖
撮影:2003.5.3 埼玉県東松山市

2017.4.26 横浜市戸塚区


2016.4.20 神奈川県三浦市

エゾノキツネアザミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。