コアカザ

コアカザ(ヒユ科)[小藜]

古い時代に入ってきたといわれるユーラシア原産の1年生の帰化植物で、道端、畑や荒れ地に多く、高さ30-60cmになる。シロザに似ているが、葉の幅が狭く、基部近くで浅く3裂することが多く、縁に粗い鋸歯がある。花期はシロザより早く、春~夏にかけて枝先に円錐花序を出し小さな花を密につける。
花期:5-9月
分布:帰化植物
撮影:2006.7.23 青森県八戸市

シロザに戻る アカザに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。