コバギボウシ

コバギボウシ(キジカクシ科)[小葉擬宝珠]

日当たりのよい湿地や湿った林内に生える多年草で、花茎は高さ30-50cmになる。横にはう短い根茎がある。
葉は全て根生して斜めに立ち、長さ10-20cm、幅4-8cmの狭卵形~卵状楕円形で基部は急に狭くなって葉柄に流れる。葉の表面は光沢がなく、葉脈はへこむ。
花茎は直立し、上部に開花時には開出していない多数の苞がつき、その腋に長さ4-6cmの花を1個ずつつける総状花序となる。花被片は6個で先以外は合着して漏斗状、淡紫色で花被には濃紫色の筋がある。広筒部と細筒部はほぼ同長。雄しべは6個で葯は黄白色。
果実は蒴果で種子は扁平な楕円形。
タチギボウシは花被の細筒部が広筒部より長いものであるが、変異の範囲内であるとして区別しない見解もある。
オオバギボウシは、葉が長さ30-40cmと大型で、表面は光沢がある。

花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)・四・九
撮影:2004.8.7 仙台市青葉区
コバギボウシ2
2011.9.4 宮城県登米市

タチギボウシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。