コバノカモメヅル

コバノカモメヅル(キョウチクトウ科)[小葉の鴎蔓]

山麓のやや湿った日当たりのよい草地に生えるつる性の多年草。茎は他の草木に巻きついて長く伸び、条があってわずかに曲がった毛がある。茎や葉を傷つけると白い乳液が出る。
葉は対生し、托葉はない。両面ともほぼ無毛、長さ0.7-1.5cmの柄があり、長さ3-10cm、幅1-2.5cmの長楕円状広披針形で全縁、先はとがり基部は円形~浅い心形。
葉腋から長さ1-2cmの集散花序を出し、数個の花をまばらにつける。小花柄は細く、長さは0.5-1.2cm。花は車状、直径7-9mmで暗紫色。花冠は5深裂し裂片は細長く、長さ4-6mmで鈍頭、無毛でわずかに微粒状の突起がある。副花冠は雄しべの筒部につき、白色の蕊柱の約1/2で花冠と同色。雄しべは5個で葯の先に膜質の付属体がある。葯は2室で花粉塊は各葯室に1個ずつある。
果実は単生し、長さ5-7cm、幅6-7mmの披針形の袋果。種子は長さ6mmの広卵形でごく狭い翼がある。先に白い長毛があり、風に乗って運ばれる。
花の白いものをアズマカモメヅルという。シロバナカモメヅルは葉の先が長く鋭くとがり、花は淡黄白色で直径1.2-2cmと大きい。北海道と本州(近畿北部以東)に分布する。
花期:7-10月
分布:本(関東~近畿)
撮影:2016.8.4 神奈川県横須賀市
コバノカモメヅルの花
花冠は直径7-9mmと小さい。副花冠の裂片は蕊柱より低い。
2016.8.4 神奈川県横須賀市

コバノカモメヅルの果実
若い袋果。 2017.10.2 横浜市栄区

シロバナカモメヅルに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。