コマツナギ

コマツナギ(マメ科)[駒繋]

名は、細いが丈夫で強く、馬でさえつなぎ止めておくことができるほどだということからついた。馬がこの草を好んで食べるのでそこから動かなくなるからという説もある。
日当たりのよい乾いた草地、道端、川の土手などに群生し、草のように見えるが、茎の下部が木化する落葉小低木。茎は丁字状の毛があって細く、直立または横にはって高さ40-80cmになる。
葉は互生し、3-5対(7-11個)の小葉をもつ奇数羽状複葉。小葉は長さ0.8-2.5cm、幅0.5-1.2cmの楕円形で全縁、鈍頭~円頭、両面に丁字状の毛がまばらにある。托葉は微小で針状、脱落し、小托葉は宿存する。
葉腋から長さ4-10cmの総状花序を出し、淡紅紫色で長さ4-5mmのマメ科特有の蝶形花を密につけ、下から咲き上がる。萼は長さ約2mmで上半部で5裂し、裂片は長さ約1mmの狭3角形、白色の毛がある。雄しべは2体。葯隔は先端が突出する。
果実は長さ2.5-3cm、幅2.5-3mmのまっすぐな円筒形の豆果で茶褐色に熟し、短い伏毛がある。種子は3-8個で楕円形、緑黄色~赤褐色。
最近は、道路の法面緑化用に中国から導入されたトウコマツナギ(キダチコマツナギ)が殖えており、大型で直立し高さ2.5m、太さ3-4cmに達する。その大きさでコマツナギとは違うものであることがわかるが、花や葉、果実はコマツナギと変わらない。コマツナギと同種とする見解もあるようで、今後の研究の推移を見守りたい。
花期:6-9月
分布:本・四・九
撮影:2017.6.9 神奈川県横須賀市
コマツナギ-2
マメ科特有の蝶形花。 2016.7.29 神奈川県三浦市

コマツナギ-3
しばしば地をはうように伸びる。 2017.6.9 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。