コマツヨイグサ

コマツヨイグサ(アカバナ科)[小待宵草]

北アメリカ原産の2年草で、茎は根元で分枝し、地をはい上部で立ち上がる。海岸の砂地に多いが、都市近郊の造成地にもよく生える。
葉は不規則な鋸歯があるか、または全縁。夕方に直径2-3cmの淡黄色の4弁花を咲かせ、翌朝にしぼむ。しぼんだ花は朱色になる。メマツヨイグサオオマツヨイグサはしぼんでもほとんど朱色を帯びない。
花期:4-11月
分布:帰化植物
撮影:2006.5.5 東京都府中市
コマツヨイグサ-2
しぼんで朱色になったコマツヨイグサ 2015.8.21 横浜市中区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。