コメツブツメクサ

コメツブツメクサ(マメ科)[米粒詰草]

名は、シロツメクサの仲間で花が小さいので米粒にたとえたものだろう。
ヨーロッパ~西アジア原産で、明治時代後期に侵入したと考えられている帰化植物。別名コゴメツメクサキバナツメクサという。
初め東京都で見出されたが、現在では全国に広がっている。
日当りのよい道端や荒れ地、河川敷、公園の芝地などに生える1年草で、茎は細く、よく分枝して横に広がり長さ40cmほどになり、一面群落となる。茎はほぼ無毛。
葉は複葉で3小葉からなり、小葉は長さ0.5-1.5cm、幅0.5-1.2cmの倒卵形で中部から先に低く不揃いの鋸歯がある。基部はくさび形で先は円形またはややくぼむ。葉柄は長さ2-5mm。
葉腋から長さ1cm、直径4-8mmのほぼ球状の花序を出し、長さ3-4mmで淡黄色~黄色の小さな蝶形花を5-20個球状につける。萼は無毛で5脈がある。花は受粉すると茶褐色になって下を向き、豆果を包んだまま落ちないで残る。
果実は無毛、長さ2mm、幅1mmの倒卵円形の豆果で種子は1個。
よく似たコメツブウマゴヤシは1つの花序で20-30個の花があり、クスダマツメクサは50-60個の花が集まり直径2cmほどになる。
花期:4-7月
分布:帰化植物
撮影:2008.5.1 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。