コメツブウマゴヤシ

コメツブウマゴヤシ(マメ科)[米粒馬肥]

名は果実の形を米粒に見立て、肥料になることからついたもの。
ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来した帰化植物。道端や公園の芝生などに生える1~2年草。根は短く、茎は根元から分枝して伏して先は立ち上がり、長さ10-60cmになる。
葉は3小葉からなる複葉で、小葉は長さ0.7-1.7cm、幅0.6-1.5cmの倒卵形~円形で上半部のみ鋸歯がある。
葉腋から直径5mmほどの総状花序を出し、20-30個の黄色の蝶形花をつける。花は長さ3-4mm、萼は長さ1.5mm、萼裂片は筒部より長い。小花柄は長さ0.5mm。葉柄基部に托葉があり、全縁または1-2個の鋸歯があり、先はとがる。
果実は無毛、長さ2.5mm、幅1.5-2mmの豆果で、先だけが巻き込み腎形となり渦巻状にはならない。刺はなく網状の脈があり熟すと黒くなる。種子は1個だけ入っている。
茎や花柄の毛の多少は変化が大きく、この画像のものは白い腺毛が多く、ネバリコメツブウマゴヤシとよばれるタイプ。
ウマゴヤシは果実に刺があり渦巻状に巻き込み、種子は数個入っている。托葉は櫛の歯状に切れ込む。
花期:4-7月
分布:帰化植物
撮影:2016.4.27 神奈川県横須賀市
ネバリコメツブウマゴヤシ
腺毛が密生するネバリコメツブウマゴヤシとよばれるタイプ。

コメツブツメクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。