コモチマンネングサ

コモチマンネングサ(ベンケイソウ科)[子持万年草]

むかごをつくって殖えるのでこの名がある。マンネングサとはこの仲間の総称で、多肉質で乾燥に強いことを表す。
田や畑の縁、道端など日当たりのよいところに普通に生える多肉質で軟らかい2年草。茎は長さ20-60cmで地をはい上部は斜上して高さ5-20cmになる。走出枝は出さない。
葉は無柄で基部の葉は対生し卵形、上部の葉は互生し長さ1-1.5cm、幅2-4mmのへら形で円頭~鈍頭で基部は柄状。葉腋に普通2-10個(1-5対)、普通4-6個(2-3対)の葉からなるむかご(珠芽)をつくり、それが梅雨時以後に落ちて根付き、ほぼそのままの状態で越冬して早春に芽を出す。
茎の先で3-4本に枝を分け、集散花序に直径0.8-1.2cmの星形の花をつける。花の下に1個ずつ葉状の苞がある。花は5数性で、5個の萼片は離生し、長さ2-4mmの披針形~倒披針形で花時には斜上する。5個の花弁は離生し、濃黄色で長さ4-5mmの線状倒披針形~狭披針形で先はとがり、花時には平開する。雄しべは10個で花弁より短く、裂開直前の葯は濃黄色、花粉は通常できない。蜜腺は長さ0.6mmの倒卵形で半透明な白色。雌しべは5個で長さ3-4mm、子房は長さ2.5-3mmで基部は合生する。花柱は長さ約1mm。
種子はできず、もっぱらむかごで殖える。
似ているメキシコマンネングサは原産地不明で葉は線状楕円形。ツルマンネングサは古い時代に中国・朝鮮半島から渡来したといわれ、茎につく葉が3個ずつ輪生し、ツルマンネングサと同様に結実しない。
花期:5-6月
分布:本(東北地方南部以南)・四・九・沖
撮影:2016.5.31 神奈川県横須賀市
コモチマンネングサの花
花は5数性で雄しべは花弁の2倍数。雌しべは5個あるが不稔。
2016.5.31 神奈川県横須賀市

コモチマンネングサのむかご
葉腋に現れてきたむかご。普通2対4個の葉がある。 2016.5.31 神奈川県横須賀市

ツルマンネングサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。