コナラ

コナラ(ブナ科)[小楢]

別名ハハソホウソナラ
クヌギとともに雑木林を構成する代表的な樹種で、日当たりのよい山野に普通に生え、高さ10-30mになる雌雄同株の落葉高木。
樹皮は灰黒褐色で、縦に不規則な裂け目があり、裂けた部分は黒っぽく見える。
葉は互生し、長さ6-15cm、幅4-6cmの倒卵形~倒卵状長楕円形で基部はくさび形~円形、先は鋭くとがり、縁に大きなとがった鋸歯がある。表面は緑色でやや光沢があり、若葉には絹毛が密生して銀色に光って見えるが、のちに無毛となる。裏面は絹毛と星状毛が生え、灰白色。葉柄は長さ0.5-2cm。托葉は長さ7mmほどの倒披針形で、開葉後まもなく落ちる。秋の紅葉は赤茶色になる。
花は葉の展開と同時に開花する。雄花序は長さ6-9cmのひも状で絹毛を密生し、本年枝の下部から多数下垂する。雄花は黄褐色で小さく、花被は膜質で外側に軟毛を密生し、不規則に5-7裂する。雄しべは4-8個。雌花序は短くて目立たず、本年枝の上部の葉腋に出て上向し、2-3個の小さな雌花がつく。雌花は軟毛が密生した総苞に包まれている。花柱は3個。
果実は長さ1.5-2.2cmの円柱状長楕円形の堅果(どんぐり)でその年の秋に熟す。殻斗は浅い杯状で、小さな総苞片が鱗片状に密着して並ぶ。
材は薪炭やシイタケ栽培の原木、建築材、家具材、器具材などに利用される。葉や果実、樹皮を染色に用いる。どんぐりはでん粉を多く含むので、飛騨地方では、戦前まであくを抜いた粉をナラ団子などにして食用とした。
ミズナラとよく似ているが、ミズナラは葉柄がごく短く、ないように見える。葉がやや大きく鋸歯はコナラより粗くて大きい。
花期:4-5月
分布:北(西南部)・本・四・九
撮影:2006.6.3 秋田県仙北市

ミズナラに戻る クヌギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。