コナスビ

コナスビ(サクラソウ科)[小茄子]

ナスビといっても野菜のナスの仲間ではなく、園芸植物のリシマキアと同属のサクラソウ科の多年草で、果実がナスに似て小さいことからこの名がある。
幅広い環境に適応し、人里の庭や道端から、時には高山の登山道の傍らでも見かけることがある。背丈は10cm内外と小さく、他の草に埋もれて見逃してしまうことも多い。茎はまばらに軟毛が生え、根元近くで枝を分けて地をはって四方に広がり、地についた節から根を出し、先だけ斜めに立ち上がる。
葉は長さ0.5-1cmの柄があって対生し、長さ1-3cm、幅0.7-2cmの広卵形~卵形で全縁、先は短くとがり基部は円形、短毛がある。葉肉内にやや透明な腺点が多数ある。秋にはしばしば紅葉する。
葉腋に黄色の花を1個ずつつける。花柄は長さ0.3-1.8cmで開花後に下に曲がる。萼は5深裂して裂片は線状披針形で先は鋭くとがり、透明な腺点がある。花冠は直径5-7mmで5深裂し、裂片は広卵形で平開する。雄しべは5個で花冠裂片と対生する。
果実は5深裂した萼に包まれた直径4-5mmの球形の蒴果でまばらに長軟毛が生える。熟すと5片に裂け、多数の種子を散らす。種子は1稜のある長さ約1mmの楕円形。黒色で密にこぶ状突起がある。
花柄の長さ0.6-1.8cmと長いものをナガエコナスビというが、変化は連続的で区別できない。屋久島に産し、葉が長さ3-7mmで花がやや大型のものをヒメコナスビという。帰化種のコバンコナスビは茎が長く伸び、花冠直径は1.5-2.5cmと大きい。
花期:5-7月
分布:日本全土
撮影:1999.6.6 青森県南郷村
コナスビ-2
茎ははって四方に広がる。 2006.6.3 秋田県仙北市

コナスビ-3
花は5数性。全体に短毛が多い。 2017.5.24 神奈川県横須賀市

コバンコナスビに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。