コニシキソウ

コニシキソウ(トウダイグサ科)[小錦草]

明治の中ごろに北アメリカから渡来した1年生の帰化植物で、全国の道端や畑、荒れ地に普通に生える。葉は対生し、葉腋に杯状花序をつけ淡紅紫色の花をつけるが目立たない。在来のニシキソウも同じようなところに生えるが、葉の真ん中にある赤黒い斑紋がほとんど目立たず、茎が赤い。どちらも地をはって広がる。
花期:6-10月
分布:帰化植物
撮影:2004.9.5 岩手県松尾村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。