コシジシモツケソウ

コシジシモツケソウ(バラ科)[越路下野草]

名はシモツケソウに似ていて新潟県などに生えることからついたもの。
本州の日本海側ぼ低山に生える多年草で高さ1-1.5mになる。根茎は太く、茎は稜があって直立する。
葉は根生葉と互生する茎葉があり、奇数羽状複葉。頂小葉だけが特に大きく、円形で幅10-20cm、掌状に5-7中~深裂し、裂片は先がとがり基部は心形、縁に細鋸歯または欠刻状鋸歯がある。側小葉は1-2対と少なく、長さ1-3cmの卵状披針形で縁に鋸歯がある。托葉は草質で緑色、縁に細鋸歯があり、開出する明らかな耳片がある。
茎頂に散房状の花序をつくり、小花を密生する。花は直径4-5mmで淡紅色。萼裂片は皿形で円頭、4-5個あり反曲する。花弁は4-5個で円形。雄しべは多数で花糸は長く、屈曲し花後に落ちる。
果実は明らかな柄がある痩果で、扁平な倒披針形で両端は狭まり、両縁に毛がある。
キョウガノコはコシジシモツケソウの栽培型で、側小葉が小さくなり消失するものもある。托葉も小型で耳片も不明になる。まれにしか結実しない。
シモツケソウは高さ0.4-1mで側小葉は多数つき、托葉は膜質で直立、痩果は無毛。
花期:6-8月
分布:本(山形県~富山県)
撮影:2014.6.21 新潟県十日町市
コシジシモツケソウ-2

シモツケソウに戻る アカバナシモツケソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。