コチャルメルソウ

コチャルメルソウ(ユキノシタ科)[小哨吶草]

名は、小型のチャルメルソウの意味で、チャルメルとは唐人の吹くラッパ(チャルメラ)のことで裂開した果実の形をそれにたとえたもの。
山地の渓流沿いの岩上や林内などの湿ったところに生え、高さ20-30cmになる多年草。日本のチャルメルソウ属で一番分布域が広く、北海道を除き普通に見られる。
長く横にはう根茎があり、花後、地中に走出枝を伸ばし、走出枝には鱗片状の葉を互生するが、先端近くでは普通葉になる。
葉は長さ2-15cmの長い柄があって多数が根生し、長さ2-5cm、幅2.5-6cmのやや光沢のある広卵形~卵円形で、5浅裂し基部は深い心形で縁に鋭い欠刻状鋸歯がある。葉の両面とも短毛が密生する。托葉は紫色を帯び、縁に短腺毛がある。
花茎は短腺毛が密生し、上方に魚の骨に似た花弁をもつ花を長さ約2mmの柄の先に2-10個互生する。花は直径8mmほどで、5個の萼片の間から櫛状に7-9裂した5個の花弁が後方に反り返る。花弁は赤褐色~単黄緑色で長さ4mm、外側にやや密に腺点がある。萼筒は浅い倒円錐形で、腺状突起を密生する。萼裂片は長さ約1mmの広3角状卵形で鋭頭、花時に開出する。雄しべは5個で花弁の基部と離れた花盤上につき、花糸は葯とほぼ同長、裂開直前の葯は淡黄色、花柱は2個できわめて短い。
果実は蒴果で種子は長さ約1.2mmの卵状楕円形。
チャルメウソウ属には分布の異なる多くの種類があり、チャルメルソウ、コシノチャルメルソウ、モミジチャルメルソウ、シコクチャルメルソウ、マルバチャルメルソウ、エゾノチャルメルソウ、タキミチャルメルソウ、ミカワチャルメルソウ、オオチャルメルソウ、トサノチャルメルソウなどが知られている。
チャルメルソウは関東以西、九州北部に生え、丈が高く30-40cmになり、花弁が3-5裂する。
ヒメチャルメルソウは屋久島に生え、花弁がない。マルバチャルメルソウは雄しべが10個ある。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2004.5.9 仙台市太白区
コチャルメルソウ(花の拡大)
変わったつくりの花で、花弁は魚の骨に似る。
2008.4.30 東京都八王子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。