クマヤナギ

クマヤナギ(クロウメモドキ科)[熊柳]

名は、果実をクマ(米の古語)に、若葉をヤナギに見立てたものという。別名クマヅル
山地の林縁などに生えるややつる性の落葉低木でほかの木に絡んで長く伸びる。樹皮は紫色を帯び、本年枝は暗黄緑色で無毛、平滑で光沢がある。
葉は互生し、やや光沢があって革質、長さ4-6cm、幅2-4cmの卵状楕円形で全縁、先は鈍頭、基部はほぼ円形~心形。表面は濃緑色で無毛、裏面はやや白色を帯び、脈腋にわずかに毛があるほかは無毛。側脈は7-9対で脈はやや目立つ。葉柄は長さ0.7-2cm。
枝先と枝先近くの葉腋から円錐花序を出し、黄緑白色て直径3-4mmの小さな花を多数つける。花序の横枝は再分枝しない。小花柄は無毛で長さ2-3mm。花弁のように見える萼片は5個、長さ1.5mmの長3角形で先はとがる。花弁は5個で萼片より短く、縁は内曲して雄しべの花糸を包む。雄しべは5個。
果実は長さ5-7mmの長楕円形の核果で、緑色から翌年の夏の開花時期に赤色になり、のちに黒色に熟す。核は1個で長さ4mmほどの楕円形で黄白色。
茎や葉は利尿などの薬用にされる。若葉は山菜として利用され、果実は生で食べられる。
オオクマヤナギは関東以西に生え、葉は大きく、長さ5-11cmある。ホナガクマヤナギは本州の日本海側に分布し、花序が分岐しないので細長く、円錐状にならない。
花期:7-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.9.23 青森県六ヶ所村
クマヤナギ-2
クマヤナギの葉の裏面。側脈が目立ち、平行に縁に達する。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。