クモキリソウ

クモキリソウ(ラン科)[蜘蛛切草]

山地の林内に生える多年草で、花茎は直立し高さ15-25cmになる。
この仲間のうちでは分布が広く、個体数も多いほうで、比較的容易に見つけることができる。
葉は広卵形で2個あり、縁は細かく波打つ。花は花茎の上部に総状に5-15個つき、直径0.8-1cmで淡緑色または黒褐色と変異がある。萼片、側花弁とも6-7mmで狭線形。唇弁は下に反り返る。
花期:6-8月
分布:日本全土
撮影:2006.7.8 秋田県大館市
クモキリソウ2
クモキリソウの花序 2005.7.23 岩手県山形村

コクランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。