クララ

クララ(マメ科)[眩草]

名はアルプスの少女ハイジの登場人物とは何の関係もなく、根の汁をなめると目がくらむほど苦く、クララ草といわれていたことによる。オオルリシジミの幼虫の食草で、蕾を食べて育つ。放牧地では牛馬は食べない。
日当たりのよい山野の草地に生える多年草で、高さ0.8-1.5mになり、茎は円柱形で上向きの短い伏毛があり、下部は木質化する。花柄、葉柄などにも茶褐色の短い伏毛がある。
葉は互生し、長さ15-25cmの奇数羽状複葉。小葉は7-20対で長さ2-4cm、幅0.5-1.5cmの長楕円形~狭卵形で両面に短い伏毛がある。托葉は長さ5-8mmの糸状で早落性。
茎頂と枝先に長さ11-30cmの総状花序を出し、淡黄色で長さ1.5-1.8cmの蝶形花を多数つける。萼は長さ7-8mmの鐘形で基部は背側が膨れ、先は短く5裂し裂片に沿って短毛を密生する。旗弁は狭倒卵形で先は円頭で大きく、開花前には他弁を被う。翼弁は竜骨弁より短く、多数のしわがある。雄しべは10個で離生する。
豆果は長さ5-8cmの線形でやや鈍4稜形、短伏毛があり、4-5種子を入れ、種子の間は少しくびれる。種子は楕円形で黒色。
漢方で根を乾燥したものを苦参(くじん)とよび、煎じて健胃強壮、駆虫薬として用いられる。茎や葉の煎汁は家畜の皮膚の寄生虫駆除に用いる。昔は便所に入れてうじ虫を駆除した。古くは河から繊維を採って縄をつくり、織物をつくった。また、この繊維でつくった紙は苦参紙とよばれた。
花が暗紫色のものをムラサキクララという。
花期:6-7月
分布:本・四・九
撮影:2005.7.9 秋田県田沢湖町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。