クロモジ

クロモジ(クスノキ科)[黒文字]

名は樹皮の黒い斑点を文字に見立てたもの。
山地の落葉樹林下に生え、高さ2-6mになる雌雄異株の落葉低木。
樹皮は暗緑色で黒い斑点がある。枝を折ったり葉をちぎると爽やかな芳香があるので、樹皮がついたまま削って高級な楊枝として利用される。
葉は枝先に集まって互生し、長さ5-10cm、幅1.5-3.5cmの卵状長楕円形~狭長楕円形で全縁、先は鈍くとがり基部はくさび形。表面は無毛、裏面は帯白色で初め絹毛があるがのちに無毛となる。若葉は白い長毛が密生する。葉柄は赤みを帯び、長さ0.8-2cm。秋には黄葉する。
葉の展開と同時に小枝の節に散形花序を出し、やや透き通った淡黄緑色の小さな花を多数つける。花柄は有毛。花被片は6個で花後に脱落する。雄花は雄しべが9個、雌花は仮雄しべが9個と6個の腺体に囲まれた雌しべが1個ある。
果実は直径5-6mmの球形の液果で、9-10月に黒熟する。中の種子は1個あり褐色で球形。
オオバクロモジは、全体に大きく、葉が長さ8-13cmになるものであるが、分布域が重なる地域では中間的なものがあって区別の難しいことがある。
また、クロモジ属の中で葉の展開と同時に花をつけるものに、ヒメクロモジ、ケクロモジ、ウスゲクロモジ、カナクギノキ(高木)などがあり、それぞれの特徴をよく捉えていないと区別は難しい。
花期:3-4月
分布:本(太平洋側)・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県都留市

オオバクロモジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。