クサボタン

クサボタン(キンポウゲ科)[草牡丹]

葉がボタンの葉に似ているのでこの名がある。山地や海岸の草原や林縁に生え、高さ1mになる半低木。茎の下部は木質化して、枯れずに越冬する。葉は対生し3出複葉。小葉は広卵形で浅く3裂し先がとがる。茎の先端や葉腋から花序を伸ばし、淡紫色で釣鐘形の花を下向きに多数つける。花冠の先は4裂して反り返る。
花期:7-9月
分布:北・本
撮影:2005.8.27 秋田県大館市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。