クサイチゴ

クサイチゴ(バラ科)[草苺]

草のように見えることからこの名がある。別名ワセイチゴナベイチゴという。
山野の林縁ややぶに普通に生え、しばしば群生する落葉小低木で、高さ20-60cmになる。地下茎は長く横にはい、新苗をつくって殖える。茎や枝葉には短い軟毛と腺毛が密生し、細い刺がまばらにある。茎はよく分枝して前年枝はしばしば横に倒れる。
葉は互生し、長さ10-25cmの奇数羽状複葉で、小葉は無花枝では2対(5小葉)、花枝では1対(3小葉)のことが多く、頂小葉は大きく、長さ3-7cmの卵状長楕円形~卵形で縁に細かい重鋸歯があり先はとがる。両面に軟毛があり、葉軸と裏面主脈には開出毛のほか腺毛と刺がある。葉は冬まで一部が残る。托葉は葉柄基部につき、長さ1cmほどの披針形。
短枝の先に直径3-4cmの白い花を上向きに1-2個咲かせる。花柄と萼には軟毛と腺毛が密生し、5個の萼片は長さ1-1.5cmの披針状3角形で先は線状に長くとがる。花弁は5個で平開し、長さ1.5cmの倒卵状楕円形で円頭。雄しべは多数あり、花糸は白色。雌しべも多数あり、球状に集まる。子房と花柱は無毛。
果実は小さな核果が多数集まった直径1-2cmの球形の集合果で、5-6月に赤熟し、食べられるがそれほどおいしくない。小核は長さ約1mmで網目模様がある。
八重咲きのものはヤエザキクサイチゴ、果実が黄色に熟すものをキミノクサイチゴ、葉が単葉で3裂するものをマルバクサイチゴという。中部地方以西に生えるバライチゴも小低木だが、小葉は披針形で茎は角張り、刺があるが無毛。
関東南部などの沿海地に生えるハチジョウクサイチゴは、クサイチゴとカジイチゴの雑種と考えられており、頂小葉がほぼ無柄でしばしば側小葉と頂小葉の基部が合着する。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2015.4.17 静岡県東伊豆町
クサイチゴ-2
背が低いので草のように見える。 2018.4.26 東京都八王子市

クサイチゴの花後
花が終わると雄しべは開き、多数の雌しべの基部の子房が膨らみ始める。
2018.4.4 横浜市栄区

クサイチゴの果実
果実(集合果)。 2015.5.18 横浜市中区

クサイチゴの葉
葉は奇数羽状複葉。花のつく枝では3小葉のことが多い。 2015.4.6 横浜市中区

カジイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。