クサノオウ

クサノオウ(ケシ科)[草黄・草王・瘡王]

葉や茎を折ると黄橙色の汁が出てくるのが特徴で、名もそこから「草の黄」とついたというが、皮膚病に効くので「瘡〈くさ〉の王」、薬草の王様なので「草の王」だという説もあり、どれが本当かはわからない。
人家に近い日当たりのよい野原や道端、林縁などに生える2年草で、茎は中空で高さ30-60cmになる。全体に軟らかく、縮毛が多く白っぽく見える。
葉は互生し、長さ7-15cm、幅5-10cmのキクの葉状で1-2回不規則に切れ込み、裂片の先は鈍い。表面は緑色、裏面は灰白色で細毛がある。
葉腋から花柄を出し、散形状に直径2-2.5cmの鮮黄色の花を4-10個つける。花弁は4個で長さ1-1.2cm。萼片は2個あり長さ6-8mmで毛が多く、開花直前に落ちる。雄しべは多数、花柱の柱頭は浅く2裂する。
果実は長さ3-5cmの細長い円柱形の蒴果で直立する。種子は光沢があり、周りに種沈がつく。種沈はアリが好むエライオソームで、種子はアリによって巣穴に運ばれ、エライオソームを食べた後、種子本体のみ外に捨てられる。
黄橙色の汁はケリドニウムアルカロイドを含むので鎮静作用と知覚末梢神経を麻痺させる作用があり、民間薬として皮膚病や虫さされに直接塗布して用いたというが、かぶれることもあるので素人療法は禁物。また、茎葉を日干ししたものを白屈菜〈はっくつさい〉とよんで鎮痛に用いた。尾崎紅葉が胃がんの鎮痛に使った話は有名だが、がんの直す力はない。
同属のヤマブキソウは、樹林地に生え花が大きい。
花期:4-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.7 栃木県足利市
クサノオウ-2
花弁は4個、雄しべは多数。 2016.3.25 神奈川県横須賀市


果実は直立する。 2017.5.24 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。