クワクサ

クワクサ(クワ科)[桑草]

名は葉がクワに似ていることからついたもの。
平地の草地や道端、畑などに普通に見られる雌雄同株の1年草で、茎は直立して分枝し、高さ30-60cmになる。茎に細毛があり、ときに暗紫色を帯びる。
葉は長い柄があって互生し、長さ3-8cm、幅2-5cmの卵形~広卵形で縁に鈍鋸歯があり、基部は切形、先はとがる。質は薄く表面に粗毛、裏面に細毛がありややざらつく。
葉腋に集散花序を出し、淡緑色~淡緑紫色の小さな雄花、雌花を球状に混在してつける。雄花は花被片4個。雄しべは4個で花被片と対生し、花糸は蕾のときや開花直後は内側に曲がり、のちにバネのように伸びて花粉を飛ばす。同様の仕組みはイラクサ科のカテンソウにも見られる。雌花は花被片は4個、花柱は1個で子房の側面につき糸状で花被片の隙間から外に伸びる。
果実は扁3稜形を帯びた球形の痩果で、表面に小さな隆起があり、宿存した花被に包まれる。
花期:8-10月
分布:本(秋田・岩手県以南)・四・九・沖
撮影:2016.10.21 横浜市戸塚区

2016.10.11 神奈川県三浦市

クワクサの雄花・雌花
雄花の雄しべは白い球状の葯をつけている。雌花の雌しべは赤っぽい糸状。
207.9.5 神奈川県横須賀市

カテンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。