クズ

クズ(マメ科)[葛]

名の由来は、大和(奈良県)の国栖〈くず〉が産地だったからとか、国栖の人が葛粉(根からとったでんぷん)を売り歩いたからといわれる。
秋の七草の一つで、山野に普通に見られ、つるを伸ばして猛烈な勢いで広がる多年草。つるは盛夏には1日に30cm以上も伸びるといわれ、長さは長いもので20mにも達する。
根は太くて長く伸びる。茎の基部は木質化し、木質化した部分を除いて黄褐色の粗毛が生える。
葉は互生し、3出複葉で小葉は長さ幅とも10-15cmの先のとがった広卵形で全縁、しばしば2-3浅裂する。葉質は厚く、表面は粗い毛がまばらに生え、裏面は白色を帯びて白色の毛がやや密生する。長い葉柄があり夜には就眠運動によって小葉は垂れる。
葉腋から長さ20cmほどの総状花序を立て、多数の蝶形花がつく。花には甘い香りがあり、紅紫色で長さ1.8-2cm。旗弁の基部に目立つ黄斑がある。雄しべは10個が合着。
果実は長さ5-10cmの線形で扁平な豆果で、褐色の開出した剛毛が密生する。種子は10個ほど入っており、長さ4mmほどで茶褐色に黒い斑紋が入る。
アメリカではかつて日本のクズを裸地の緑化や飼料に利用したが、その旺盛な繁殖力のため、今では害草として駆除の対象になっている。成熟した個体の根には大量のでんぷんが蓄積されており、乾燥したものは漢方では葛根〈かっこん〉といって風邪の薬として用いられる。茎からとった繊維で織った布を葛布といい、壁紙や工芸品に利用されている。
花期:7-9月
分布:日本全土
撮影:2016.9.12 神奈川県横須賀市

ノアサガオに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。