キュウリグサ

キュウリグサ(ムラサキ科)[胡瓜草]

名は、葉や茎をもむと青臭く、それをキュウリの匂いにたとえてついたもの。芽出し前のロゼット状の越冬葉の様子から別名タビラコというが、キク科のコオニタビラコの別名でもあり、タビラコといえば普通はそちらのことをいう。若い茎葉は食用となる。
畑や道端など人家周りや都市部にも普通に生える2年草で、茎が下部から分枝し、高さ15-30cmになる。全体に細毛は生え、さわるとざらつく。
葉は互生し、下部では有柄で卵円形、上部に行くにしたがって短くなり無柄となる。葉身は長さ1-3cm、幅0.6-1.5cmの長楕円形~卵形で細毛が生え主脈のへこみが目立つ。
茎の先に巻散(さそり形)花序を出してしだいに伸びてまっすぐになり、淡青紫色で直径2mmほどの小さな花が下から咲き進む。花柄は長さ3-9mm。苞はない。花冠は鐘形で5裂し喉部に黄色い鱗片がある。花後に花序は長く伸びる。
果実は4個の分果からなり、1分果は直径1mmほどと小さく平滑で光沢がある。
よく似たハナイバナは、さそり形花序とならず、喉部の鱗片は白い。
花期:3-5月
分布:日本全土
撮影:2005.5.2 埼玉県滑川町
キュウリグサ-2
巻かれた花序がほどけながら花を下から咲かせていく。花の喉部に黄色の鱗片がある。
2016.3.25 神奈川県横須賀市

タチカメバソウに戻る ミズタビラコに戻る ハナイバナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。