マネキグサ

マネキグサ(シソ科)[招草]

名は、花が手招きしているように見えるからついたもの。招き猫の手に似ていることからついたとも。別名ヤマキセワタという。
環境省レッドデータでは準絶滅危惧(NT)であるが、神奈川県レッドデータでは絶滅危惧ⅠB類にランクされ、産地が極限されており個体数も少ない。北関東では群馬県には稀産するが、栃木県では1968年以後現在まで観察記録がない。
山地の林内や林縁にまれに生える多年草で、茎は直立し、中部で分枝して高さ40-70cmになる。茎に4稜があり、稜上に下向きの白毛がある。地下茎は木質で細い。
葉は長さ1-3cmの柄があってまばらに対生し、長さ3-7cm、幅2-6.5cmの卵円形。下部のものは基部が浅い心形となり、上部のものは基部が広いくさび形~切形。粗く大きな鋸歯があり、先は鈍く、表面や縁に白毛があり、少ししわがある。
花は上部の葉腋に1-3個ずつつき、長さ約2cmで暗紅紫色に白色の縁取りがある。萼は5脈があり、上側で長さ8mm、やや斜めになって短い5歯があり、下側の2個は少し長く、中部以上まで合着している。花冠は唇形。上唇はかぶと状で下唇は3裂して開出し、長さ7-8mm。中央裂片は大きい。雄しべは4個で花冠上唇に沿って斜上する。
果実は4分果からなり、分果は長さ2.5-3mmの倒卵状くさび形で3稜形、先に腺点がある。
花期:8-9月
分布:本(関東以南)・四・九
撮影:2017.9.8 神奈川県逗子市
マネキグサ-2
花弁が白く縁取りされ、独特の趣がある。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。