マルバネコノメソウ

マルバネコノメソウ(ユキノシタ科)[円葉猫の目草]

山地の林下や沢沿いの湿地に生える多年草。花後に花茎の基部から多数の走出枝を伸ばす。花茎は白色の毛が散生し、高さ7-15cmになる。茎葉は扇形で対生し、縁に鈍鋸歯がある。苞も茎葉と同形で、萼裂片は先が円形で平開する。
花期:4-7月
分布:北・本(近畿以北)
撮影:2007.5.26 岩手県久慈市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。