マルバスミレ

マルバスミレ(スミレ科)[円葉菫]

無毛のものをマルバスミレ、毛の多いものをケマルバスミレと分けることがある。山野や道端の日当たりのよい斜面などに生える多年草。開花時の高さは5-10cm。花も葉も円みを帯びているのが特徴。葉は卵円形で全体に毛が多い。茎はなく、根元から葉と花茎を出す。花は純白で、直径2cm程度。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2008.4.30 東京都八王子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。