マルバハギ

マルバハギ(マメ科)[円葉萩]

日当たりのよい山地の草原や林縁などに生え、茎はよく分枝し高さ1-2mになる落葉低木でこんもりとした樹形になる。葉は3出複葉で小葉は楕円形~倒卵形、先は円い。葉腋から葉より短い総状花序を出し、長さ1-1.5cmで紫紅色の蝶形花をつける。旗弁は幅が広くて長く、翼弁と竜骨弁は小さい。萼は4深裂し先が針状にとがる。ヤマハギとよく似ているが、本種は花序が葉より短くまとまってつくこと、萼の先が針状にとがることなどで区別できる。
花期:8-10月
分布:本・四・九
撮影:2006.9.15 東京都八王子市

ヤマハギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。