マルバマンネングサ

マルバマンネングサ(ベンケイソウ科)[円葉万年草]

山地の岩上に生える常緑の多年草。小さなロゼットをつくって越冬する。茎ははってマット状に広がり先が斜上する。葉は対生し、倒卵形~さじ形で厚く、先は円く基部は柄状になる。茎頂の集散花序に黄色の星形の花を密につける。裂開直前の葯は赤色。
花期:7-8月
分布:本・四・九
撮影:2006.7.31 福島県下郷町
マルバマンネングサ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。